KnowledgeCoreナレッジコア

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ >  経審改正前の評点算出

経審改正前の評点算出 | 経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ

経審大臣(R)シリーズは、最新の平成30年4月改正と現行の平成28年11月改正、さらにそれ以前の評点算出に対応しています。 改正前の評点も切り替えて算出できます。

評点算出設定

以下の改正は、切り替えて比較できます。

  1. 平成30年4月改正
  2. 平成28年11月改正
  3. 平成28年6月改正
  4. 平成27年4月改正
  5. 平成24年7月改正
  6. 平成23年4月改正
  7. 平成20年4月改正

平成28年11月改正と平成28年6月改正では、評点については全く同じです。 経審申請書簡易エクセル出力時の様式選択のために、 平成28年11月改正を追加しています。

評点算出設定は、各年度の評点算出画面で独立して設定できますので、 過去の評点結果に影響することはありません。

改正内容によって不要な項目は表示されません

若年技術職員数加点項目

平成27年4月経審改正で追加された 若年技術職員数加点項目は、平成24年7月経審改正以前の 設定にすると、表示されなくなります。(*)表示されなくなるだけで、設定が消えることはありません。

同様に、平成23年4月経審改正で追加された 建設機械の保有状況、ISO登録項目は、平成20年4月経審改正 設定にすると、表示されなくなります。

入力データに基づいて評点算出

評点算出設定を変更した場合には、入力されているデータに基づいて評点算出します。 改正によって入力データも併せて変更しないと、厳密な評点算出ができない場合があります。

平成27年4月改正では、建設機械の加点対象機種が追加されています。 該当機種がある場合には、建設機械数も変更した上で、評点算出する必要があります。

平成27年4月改正の技術者要件追加などで、 技術職員数が変更になっている可能性があります。 その場合には、技術職員数も変更した上で、評点算出する必要があります。

厳密に過去の評点と全く同じ条件で評点算出するには、入力データの変更を行った上で、評点算出する必要があります。

経審改正(経営事項審査改正)

経審改正(経営事項審査改正)はこちらをご覧下さい。


トップ
 ・資料請求
 ・お問い合わせ
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・SQL Server2017
 ・SQL Server2016