KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  明細入力支援・原価計算

明細入力支援・原価計算 | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

見積明細の入力・編集を支援するための多くの機能があります。

単価リストから見積明細をダブルクリック設定

あらかじめ単価データを登録しておけば、単価リストから見積明細を簡単に設定できます。 単価リストをダブルクリックすると、フォーカスのある見積明細行に「名称・規格・見積単価・原価単価」を自動設定できます。 数量(見積数量と原価数量)はディフォルトで「1」が設定されます。 自動設定後は、フォーカスが次の行に移動します。 連続して単価リストをダブルクックするだけで、多数の見積明細を設定できます。

明細行の自動追加

単価リストから見積明細をダブルクリックで自動設定したとき、最後の明細行だった場合には、自動的に明細行が下に追加され、 フォーカスがその行に移動します(□自動追加チェックボックスがチェックされているとき)。 この機能は、階層のある見積書で階層内の場合にも機能します。 いちいち明細行を追加しなくても、単価リストをダブルクックするだけで、多数の見積明細を設定できます。

項目番号を自動設定

明細行に連番の項目番号を自動設定できます。 「1.,2.-----」「(1), (2), (3)」など、いくつかのパターンの中から、階層の深さに応じてパターンを設定できます。

設定は、「見積書-設定」画面の「全般」タブ「項目番号」で行います。 階層の深さによって項目番号の様式を設定できます。

階層の深さによって自動字下げ

階層の深さによって自動字下げできます。自動字下げはこちらをご覧下さい。

複数明細行のコピー・貼り付け

不連続の複数明細行削除・行コピー・行貼り付けが簡単にできます。 Shift, Ctrlキーを押しながら行ヘッダをクリックすることによって複数行の選択が簡単に行えます。

値引行挿入

指定桁未満の金額が0になるように値引額の自動計算機能があります。 値引行を挿入するには、編集メニューまたはポップアップメニューから「値引挿入-千円未満」等を実行して下さい。 値引行挿入はこちらをご覧下さい。

雑費自動計算機能

雑費の自動計算機能があります。 小計金額の数%を雑費として金額計上できます。 雑費行の追加はメニューから「小計・雑費 追加」を実行して下さい。 雑費自動計算はこちらをご覧下さい。

原価単価から見積単価を一括設定

入力済の原価単価から見積単価を一括設定できます。 原価・粗利計算 金額調整をご覧下さい。

見積単価を一括調整

入力済の見積単価を%単位で一括で増減できます。 原価・粗利計算 金額調整をご覧下さい。

労務単価から労務費を計算

労務単価から労務費を計算できます。 あらかじめ各都道府県別の「平成30年3月公共工事設計労務単価」データが登録されていますので、 労務歩掛を入力すれば労務費を計算できます。労務単価は、お客様が変更することも可能です。 労務費計算はこちらをご覧下さい。


トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
階層対応
検索機能
見積番号自動連番
簡易印鑑機能
印鑑画像等登録
LAN対応版
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
値引行の挿入
雑費行の挿入
労務費計算
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム