KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積大臣®シリーズ >  新バージョンの主な変更点

新バージョンの主な変更点

2021年4月23日に発売開始した新バージョンの「主な変更点」は以下の通りです

  1. 文字コードUTF-8のテキストファイル取り込みに対応
  2. 最新の保険料率に対応
  3. 令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価に対応
  4. 動作環境はWindows 10 64bit版

文字コードUTF-8のテキストファイル取り込みに対応

従来Windowsパソコンでは、シフトJISという文字コードで日本語を扱っていましたが、 最近では、LINUX等で使用されているUTF-8という文字コードへの対応も進められています。

そこで、見積大臣(R)シリーズでは、UTF-8文字コードのテキストファイルを取り込みできるように機能追加しました。

UTF-8文字コードのテキストファイルを取り込みできるのは、以下のマスターデータです。

  1. 単位
  2. 得意先
  3. 定型句
  4. 営業所
  5. 担当者

「テキストファイル入力」画面に「文字コード ○Shift JIS ○UTF-8」の選択を追加しました。 ディフォルトでは「○Shift JIS」が選択されていますので、「テキストファイル入力」画面上に表示される ファイルの内容が文字化けしている場合には、「○UTF-8」を選択して下さい。

最新の保険料率に対応

令和3年4月から変更になる最新の保険料率に対応しました。

すでに旧バージョンソフトがインストールされている場合には、最新版のソフトをインストールするだけでは保険料率は更新されません。 更新するには、「環境設定」画面「新規作成」タブ「法定福利費 保険料率」[初期値」をクリックして下さい。 すでに作成済の見積書の保険料率を変更するには、「見積書-設定」画面「保険料率」タブの[環境設定値をセット]をクリックして下さい。

令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価に対応

令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価に対応しました。

すでに旧バージョンソフトがインストールされている場合には、最新版のソフトをインストールするだけでは更新されません。 更新するには、「労務単価登録」画面のメニューから「ファイル-令和3年3月労務単価で初期化」を実行して下さい。

動作環境はWindows 10 64bit版

動作環境はWindows 10 64bit版です。 SQL Server 2019は、Windows 10 64bit版 OSにのみインストールできます。 詳細はこちらのマイクロソフト社サイト SQL Server のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェアをご覧下さい。

お知らせ・ご注意

  1. バージョンアップサービス期間内のお客様、 2021年2月1日以降にお申し込みをされたお客様には、最新ディスクをお送りしました。 旧バージョンのお客様には、「バージョンアップのご案内」を郵送しました。
  2. 旧バージョンで使用していた、SQL Server 2017, 2016, 2014もそのまま使用できますが、 SQL Server 2019で問題なく動作する場合には、サポートの対象外になります。
  3. マイクロソフト社サポートの終了したWindows 10バージョンは、弊社でもサポートできません。
  4. LAN対応版では、サーバPCで使用するSQL Serverと、 クライアントPCで使用するSQL Serverのバージョンが異なっても問題はありません。
  5. 使用するSQL Serverのバージョンが変わったり、使用するパソコンが変更になったときに、 バックアップファイルからの復元に失敗することがあります。 この場合には、SQL Server Management Studioを使った復元を行って下さい。

トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
階層対応
検索機能
見積番号自動連番
簡易印鑑機能
印鑑画像等登録
LAN対応版
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム